東京で気軽に楽しめて美味しい いちご狩りは新倉農園がオススメ♪


いちご狩りといえば、栃木や静岡を思い浮かべます。

今日はいちご狩り!車でドライブ!と意気込んで出かけても…

・高速道路の渋滞に巻き込まれ

・子どもたちは飽きたーとぐずり出し

・ママとパパもイライラ…

あるあるですよね^^;

渋滞に巻き込まれたり、わざわざ交通費をかけなくても、身近で手軽にいちご狩りを楽しめるスポットがあるんです。

私がおすすめするのは東京都の多摩市にある、新倉農園です!

東京で手軽にいちご狩りを楽しめる 新倉農園

ビニールハウスのいちご

 

東京のいちごって美味しいの?と侮るなかれ。

味にこだわりがあるから、じっくり味わってほしい!!

という農家さんの強い思いがあるので、あえて食べ放題ではありません。

その分ゆっくりとリーズナブルに、いちご狩りを楽しめます。

食べ放題とは違うひとときを過ごせます^^

甘くて美味しい いちご狩り体験♪

いちごの甘い香りでいっぱいのビニールハウスの中は冬でもぽかぽか、とっても暖かいので薄着でも大丈夫なほど。

車で来園するのであれば、厚手の上着やかさばる荷物は車に置いていったほうが良いかもしれません。

もちろん貴重品はハウスに持参してくださいね^^

服装はどうする?
片手にハサミを持ち、もう片手にタッパーをもって収穫をするので、身軽な格好がおすすめです。

人気のいちご農園ですが、予約制となっているので混雑した印象はなく、家族やカップルでのんびりといちご狩りを楽しめます。

イチゴ狩りが初めての人でも大丈夫!

新倉農園のスタッフさんが、注意事項や収穫に適したいちごの見分け方を丁寧に教えてくださいます。

ミツバチ

白くてかわいいいちごの花のそばには、蜜蜂が元気に飛んでいます。

イタズラをしない限り刺されることはありませんが、小さいお子さん連れの方は気をつけてくださいね。

いちごの棚は大人の腰くらいの高さです。

小さい子どもの目線からの方がいちごが見つけやすいかもしれません。

ハサミが使えるお子さんは、大人が見守る中で自分で見つけたいちごの収穫を楽しめると思います。

ハサミを使ったことのないお子さんなら、真っ赤で大きないちごを探す役割をお願いするといいですよ!

イチゴを見つけたら、ママやパパと一緒にハサミを持って収穫を楽しめます^^

年齢に合わせた方法で、家族みんなでいちご狩りを楽しんでくださいね♪

食べ放題じゃないから、その場ではいちごを食べられない

赤くておいしそうなイチゴ、収穫してすぐに”パクッ”とかぶりつきたくなります。

が、

食べ放題ではないので、その場で食べることはできません。

ビニールハウスの外に机やベンチ、ヘタを捨てるゴミ箱が用意されています。

お会計が済んだあとに、ゆっくり座って食べることができますよ^^

イチゴ狩りの新倉農園 開園時期

◇2月中旬~5月
毎年、開園時期の詳細は決まり次第新倉農園のホームページに掲載されています。

2019年は、2月17日(日)から開園予定です。

営業時間

土曜・日曜 10:00~16:00

月曜・水曜・木曜 13:30~

いちごがなくなり次第終了

定休日:火曜・金曜

営業時間や休園日は変更することがあるので、電話で確認してくださいね。

予約制

▼ 電話予約 ▼

TEL:080-1173-1346

インターネット予約は調整中。

電話予約、インターネット予約共に2月15日から開始予定。

入園料などの料金

入場料は無料!

いちご100gあたり、300円(税別)

新倉農園ホームページ

参考 新倉農園へようこそイチゴ狩りの新倉農園

新倉農園へのアクセス・行き方

住所

〒206-0015
東京都多摩市落川1179

電車・バス

京王線聖蹟桜ヶ丘駅
京王バス9番乗り場より約10分の落川バス停で下車 徒歩1分

小田急線・京王線多摩センター駅
京王バス5番乗り場より約15分の落川バス停下車 徒歩1分

自動車

中央道国立府中ICから約10分

駐車場

約20台分スペースあり

さいごに

農家さんが1つ1つ心を込めて育てたあまーいイチゴ。

ほっぺたが落ちそうなほど甘くておいしいです♪

今年はぜひ、新倉農園でいちご狩りを楽しんでみてくださいね^^