そのイライラ、ノイローゼかも?育児ストレスのお手軽チェック方法

育児中は予測不能な我が子に誰しもストレスを感じるものです。

ただ、それが積もりすぎると育児ノイローゼになってしまいます。

育児ノイローゼになるのを防ぐためには、自分の健康状態を知り、早めに対策を講じることが必要です。

育児ストレスのチェック項目を調べてみました。

自分の精神状態をチェックし、対応するのに役立ててみてください^^

以下の10個、どれくらい当てはまるでしょうか?

  1. 少しのことでイライラする
  2. 全部放棄して逃げ出したいと思ったことがある
  3. 完璧にこなしたいと思っている
  4. 自分だけ頑張っている気がする
  5. 何もやる気が起きない
  6. 人と会って会話をする機会があまりない
  7. 子供をかわいいと思えないことがある
  8. 拒食や過食の傾向がある
  9. 突然涙が出てくる
  10. 不眠の傾向がある

該当するものは何個ありましたか?
以下、結果です。

当てはまる数が0個
現段階では症状はありませんが、いざという時のために相談できる場所を確保しておきましょう。
1~2個当てはまる
家事・育児の負担を減らす工夫をしてみてください。夫に子供を預けたり、家事代行サービスや一時保育などを利用したりして、気晴らしをしてみてはいかがでしょうか。
3個以上当てはまる
育児ノイローゼの兆候がある可能性があります。家族や友人に助けを求めましょう。専門家に相談する機会を設けることも考えてみてください。

いかがでしょうか。
ただ、現在当てはまるものが0個でもそれが続くとは限りません。

少しでも徴候が見られたら早めの対策をおすすめします。

育児のイライラが限界に達したら

日々の育児でイライラが限界に達したら、自分の健康を第一に考えてみてください。

育児をする母親の心身が健康でないと、子供にとってもよくありません。

完璧でなくてもいい、周りに頼ってもいい、楽をしてもいい、そう自分に言い聞かせることも必要です。

「一人の時間を作るなんて母親失格では」なんて罪悪感を感じる必要はありません。

「一人になりたい」という気持ちは誰もが持つ、当然の欲求です。

正直に自分の気持を話、周囲の人の手を借りるようにしましょう。

子供にイライラしない方法とは?

子供と接しているとイライラしてしまう時期もあるでしょう。

そんな時に、イライラしない方法を調べました^^

イライラの原因を探る

イライラの原因が、子供ではない場合もあります。

例えば睡眠不足による疲労が原因のこともあると思います。

その場合は、思い切って寝てしまいましょう^^

夫の協力不足が原因ならば夫に協力を求めましょう。

イライラの原因がわかれば適切に対処することができます。

理想の母親像を捨てる

「こうしなければならない」という思い込みやしがらみが、イライラの原因になっていることもあります。

その場合は、理想の母親像を捨てる努力をしましょう。

さいごに

育児中の親にストレスはつきものですが、それでもなるべく無くしたいですよね。

親子が楽しく生活を送ることができるよう、いろいろな情報を役立ててみてくださいね^^