母子家庭だからこそ直面する子育ての悩みとは?一人で頑張りすぎないで

デスクで考え事をしている美人な外人女性

時代が変われば家族のあり方も変わるもの。

最近では母子家庭も増え、シングルマザーで子供を育てているママは珍しくはなくなりました。

シングルマザーといえば、子供を育てるために仕事をしつつ家に帰れば育児に家事…想像を超える大変さがあります。

この記事では、シングルマザーが育児において抱えやすい悩みをみていきます!

「子供に父親がいない」ことに、気負いし過ぎているママも

母子家庭の場合、当然パパがいないわけです。

 

ママが全て1人でなんでもこなさなければなりません。

 

家庭においてママの役割とパパの役割って、微妙に違ったりしますよね。

それを両方やらなければならないというのが、シングルマザーの大変なところです。

例えば両親がいれば、どちらかが厳しくてもどちらかが甘やかしたり…

叱った後に片方がフォローに入ったりと連携が取れますが、母子家庭となるとそうはいきません。

 

シングルマザーの場合、パパがいないからということから

「自分がしっかり育てなければ!」という使命感を持って育児をしている人も多数で、子供に厳しくしてしまうママも多いです。

 

また子供が男の子の場合は、遊びに付き合ってあげられないことも悩みの一つになります。

反抗期の際にも同性にしかわからないことなどもあって、戸惑うママがほとんどのようです。

 

しかし両親が揃っていようがいまいが、子供はしっかり育ちます。

 

ある程度の年齢になればママの苦労も分かるようになります。

ですからあまり頑張り過ぎず、1人で育児を背負い過ぎないようにしましょうね。

子供の行事でシングルマザーは苦労する

例えばよく言われるのが運動会の親子競技。

母子家庭となると、必然的にママが参加することになります。

周りはパパだらけで周囲の目が気になる上に、体力的にも辛いと感じているママは多いです。

またお弁当作りや場所取りも、全てママが行わなければならないのも大変です。

 

他には最近では幼稚園などで自粛傾向にありますが、父の日の行事。

例えば似顔絵などのプレゼント作りは、母子家庭の子供にとって酷なこと。

子供が学校で嫌な思いをしているのではないかと、心配なママもたくさんいます。

 

実際子供は疑問に思ったことはなんでも口にします。

お友達に「〜ちゃんはパパがいないの?」なんて聞かれることもしばしば…

その度に申し訳ない気持ちになってしまうと言います。

 

でも、パパがいないことをママが後ろめたく思っていては、子供も同じように感じてしまいますよ。

『母子家庭は決して恥ずかしいものではないのだ』と思えるように働きかけていきたいところです。

子供優先?仕事優先?お金の面で苦労が絶えない

2匹のオオカミとブタの貯金箱

やはり何と言ってもお金に悩まされることが多いです。

毎月のやりくりでも精一杯。

将来のことなんて考えられないと悩むママがほとんどです。

 

子供の欲しいものも思ったように買えず、罪悪感を持つ時もあるようです。

 

かといってお金を優先して仕事を選ぶと「子供を理由に仕事を休めない」「体力的にも続かない」なんていうことにも。

子供との時間というのも最低限必要ですよね。

 

出来れば収入よりも、子育てしやすい職場を目安に仕事は選んだほうが良いでしょう。

お金の悩みはなかなか人に話せないものですが、自治体などどこでもいいですから一度よく相談してみてください。

利用できる制度だったり、何かためになる情報が得られるかもしれませんよ。

さいごに

母子家庭だからと何かと頑張り過ぎているママは多いですが、ママだって1人の人間。

無理は禁物です。

悩みを誰かに打ち明けたり、弱音を吐いてもいいんです。

子供にとって大切なのは、ママが健康で笑顔でそばにいてくれること。

確かに時間は限られますが、一緒にいるときは精一杯の愛情を伝えられるようにしたいですね^^